プロジェクト管理ツールを導入しない会社からの転職活動

プロジェクト管理ツールを使いこなせ!

使えるプロジェクト管理ツールはコレ!

SPECIAL

  • 管理ツールなら効率化できる
  • Excelよりも管理ツールで
  • 失敗パターンから学ぶ

「なぜ」を明確にした転職活動を

「なぜ」を明確にした転職活動を
Pocket

プロジェクト管理のできない会社から去るという選択

向上心のあるエンジニアならば、自分のスキルを活かしつつさらに成長していくことができるような仕事に携わりたいと思うことでしょう。よい仕事はプロジェクト管理にかかっている部分が大きいので、管理ツールを導入しないでプロジェクトを大まかに管理しているような企業は、やがて競合に取り残されてしまうかもしれません。そのような環境を変えたくて、転職を検討する気持ちになったのであれば、まずはしっかりとした転職準備をする必要があるでしょう。

転職の前に冷静に考えてみるべきこと

転職をしたいと思った直接の理由についてよく考えてみましょう。もし自分が非現実的な理想ばかりを追い求めているのであれば、どんな企業に入社してもおそらく満足できることはないでしょう。転職者を受け入れる企業としても、現実とかけ離れた夢を情熱的に語るだけの人材に魅力を感じることはありません。企業が知りたいことを極論で言えば、面接に来た人材がその企業にとってプラスとなる働きをしてくれる人物かどうかということです。もちろんそれ以外にも求めている人材像というものはあるかもしれませんが、他の企業での経験を経て入社してくる人物には、それなりの付加価値が求められるということはもっともなことです。

なぜ転職をするのかを明確にする

仕事を辞めようと思っているからには、何らかの不満があるからということは暗黙の了解事項です。そのため、不満に思っていることポジティブな理由へと転換する必要があります。
例えば、プロジェクト管理がずさんなことが原因で発生する問題ばかりに対応するような仕事に嫌気がさしてしまったということであれば、数多くの問題に対処してきたという経験を活かして、エンジニアとしてさらにレベルアップをしていきたいという理由に変換することもできます。前の会社よりもよい環境に思えたから面接を受けていることももちろん企業はわかっているので、前の会社に対するネガティブ感情を絡めて話をすることがないように、頭の中をきちんと整理しておくことが大切です。

自己分析と情報収集は基本中の基本

就職でも転職でも、自分を売り込むということをするならば、自分自身について客観的に理解するための自己分析は、欠かすことができない重要な行程です。どんなにつまらなかった仕事でも、よくよく思い出せば努力して成功したことや、失敗から学んだことなどが何かあるはずです。また、経験がある分だけスキルアップをしている分野もあるでしょう。
そのようなキャリアの棚卸しを丁寧に行い、希望する企業についての情報収集を入念に行って企業分析をしてから本格的に行動に移すようにすれば、地に足をつけた転職活動をすることができるでしょう。

関連記事

  • 「Asana」が凄い!
    「Asana」が凄い!

    チームで仕事をしている人達におすすめのプロジェクト管理ツールの中でも一押しなのが「Asana」です、このツールの凄さはとにかく使ってみればすぐにわかりますが、カラフルな見た目の美しさも魅力のひとつです。プロジェクトチームのメンバーが15人までなら無料で利用することができますが、他のツールとの連携機能をうまく活用すると、もともと機能的な上にさらに利便性が高まるので、システム開発プロジェクトの管理に最適です。

  • 「Todoist」なら生産性管理も!
    「Todoist」なら生産性管理も!

    使いやすく機能的で、大切なデータを安全に保管しつつプロジェクトを管理するツールを探しているならば、Todoistというプロジェクト管理ツールがおすすめです。パソコンやモバイルからクラウド上でいつどこででも簡単にタスク管理ができるのはもちろん、日付や優先度の設定、通知機能やコメント機能、他のサービスとの連携など、使いこなそうと思えばどこまでも便利になれるのがTodoistの魅力で、ビジネスシーンに最適のツールです。

  • 管理ツールなら効率化できる
    管理ツールなら効率化できる

    もっとプロジェクトの効率をアップさせたいと考えているならば、プロジェクト管理ツールを導入してみましょう。ただツールを導入しただけでは効率化に直結しませんが、ガンチャートなどの便利な機能などを活用して、得られた情報から問題点などをあぶり出して解決方法を考えたり、作業の無駄を省いたりすれば、チームの動きがもっとスムーズになるでしょう。管理ツールの種類は数多くあるので、いくつか見比べてみていいものを使ってみることをおすすめします。