プロジェクト管理ツールを導入しない会社ならフリーランスも検討しよう

プロジェクト管理ツールを使いこなせ!

使えるプロジェクト管理ツールはコレ!

SPECIAL

  • 管理ツールなら効率化できる
  • Excelよりも管理ツールで
  • 失敗パターンから学ぶ

フリーランスの検討も

フリーランスの検討も
Pocket

フリーランスのメリットとデメリットとは

エンジニアの仕事は、プロジェクト管理の方法によって出せる成果が変わるので、タスク管理ツールを活用してチーム全体で状況を共有しながら仕事を進めたいものですが、管理ツールを導入しないでプロジェクト管理をしている企業もあります。そのような状況に疑問を感じて転職を考えるなら、フリーランスも選択肢のひとつになるでしょう。
フリーランスのエンジニアになることには、メリットもあれば当然デメリットもありますが、スキルや経験があるならば、会社員として働くよりも多くの収入を得ることができます。報酬の相場は仕事内容やスキルによって違いますが、ハイレベルなエンジニアは1カ月に100万円以上の報酬になることもあります。どんな仕事を受けるかは自分次第なので、やりたいことを追求できるのもフリーランスの魅力です。
ただし、フリーランスの場合は健康保険や年金、年間所得に応じた税金の支払いなどがあるので、その分もカバーできる収入が必要になります。それでも、自分次第で収入を増やすチャンスがあるので、スキルがあるエンジニアであれば、フリーランスになるメリットはあります。
一方、フリーランスのデメリットとして最も大きいのが収入が安定しないことです。会社員であれば次の日からいきなり収入がなくなるという心配はありませんが、フリーランスの場合は仕事がなければ即無収入になります。金銭面の不安が続くと精神的に辛くなってしまう人も多いので、フリーランスになるからにはリスクに対する気の持ち方も重要になります。また、会社員時代にはやらなかったような事務処理も自分でこなさなければならないので、慣れないうちは大変な思いをすることもあるでしょう。

エンジニアファン

フリーランスとしてやっていくだけのスキルがあっても、営業や交渉となると別のスキルが必要なので、その点がネックになって迷ってしまうエンジニアも少なくありません。そんな時におすすめなのがエンジニアファンです。

エンジニアファン

システムエンジニアの求人ならこのサイト

「エンジニアファン」なら、専任コンサルタントが就業から参画中までしっかりとフォローしてくれるので、安心して仕事をすることができます。

レバテックフリーランス

せっかく仕事を選ぶ自由があるならば、できるだけ高額な案件に携わりたいと思うことでしょう。そのような人におすすめなのが「レバテックフリーランス」です。

レバテックフリーランス

システムエンジニアの求人ならこのサイト

「レバテックフリーランス」は、IT系フリーランス専門のエージェントとして高単価の案件をたくさん紹介している実績があります。

PMO案件.jp

最後に紹介するのは「PMO案件.jp」で、PMO案件に特化したエージェントです。システムエンジニアからPMOへのキャリア変更を検討している人におすすめです。

PMO案件.jp

PMOの求人ならこのサイト

「PMO案件.jp」は、パートナー登録をすると担当のコーディネーターが様々な調整を行ってくれるので、プロジェクト管理者としてキャリアアップしたいエンジニアはチェックしましょう。

関連記事

  • 「Asana」が凄い!
    「Asana」が凄い!

    チームで仕事をしている人達におすすめのプロジェクト管理ツールの中でも一押しなのが「Asana」です、このツールの凄さはとにかく使ってみればすぐにわかりますが、カラフルな見た目の美しさも魅力のひとつです。プロジェクトチームのメンバーが15人までなら無料で利用することができますが、他のツールとの連携機能をうまく活用すると、もともと機能的な上にさらに利便性が高まるので、システム開発プロジェクトの管理に最適です。

  • 「Todoist」なら生産性管理も!
    「Todoist」なら生産性管理も!

    使いやすく機能的で、大切なデータを安全に保管しつつプロジェクトを管理するツールを探しているならば、Todoistというプロジェクト管理ツールがおすすめです。パソコンやモバイルからクラウド上でいつどこででも簡単にタスク管理ができるのはもちろん、日付や優先度の設定、通知機能やコメント機能、他のサービスとの連携など、使いこなそうと思えばどこまでも便利になれるのがTodoistの魅力で、ビジネスシーンに最適のツールです。

  • 管理ツールなら効率化できる
    管理ツールなら効率化できる

    もっとプロジェクトの効率をアップさせたいと考えているならば、プロジェクト管理ツールを導入してみましょう。ただツールを導入しただけでは効率化に直結しませんが、ガンチャートなどの便利な機能などを活用して、得られた情報から問題点などをあぶり出して解決方法を考えたり、作業の無駄を省いたりすれば、チームの動きがもっとスムーズになるでしょう。管理ツールの種類は数多くあるので、いくつか見比べてみていいものを使ってみることをおすすめします。