プロジェクトの失敗パターンから学ぶ管理ツールの重要性

プロジェクト管理ツールを使いこなせ!

使えるプロジェクト管理ツールはコレ!

SPECIAL

  • 管理ツールなら効率化できる
  • Excelよりも管理ツールで
  • 失敗パターンから学ぶ

失敗パターンから学ぶ

失敗パターンから学ぶ
Pocket

プロジェクトが失敗する時の共通点

プロジェクトに取り掛かる時には、プロジェクト管理の重要性も理解していますし、誰も失敗しようと思って仕事はしていませんが、残念ながら失敗してしまうプロジェクトもあります。それらの失敗に共通しているのは「プロジェクト管理の不十分さ」です。システム開発には数々の工程がありますが、そのどこかの段階で何かが不十分だとプロジェクト全体の結果に反映されてしまうのです。では、具体的にどのようなことが失敗の原因になるのでしょうか。

完成度の低い仕様が失敗のもと

システム開発プロジェクトは、最初に入念な打ち合わせを繰り返して決定された「仕様」に基づいて作業が開始されますが、仕様の完成度が不十分だと具体的に動き出したその時からプロジェクトがぐらついてしまいます。しっかりとゴールまで順序立てて練り上げた仕様ができていれば、作業するそれぞれのメンバーがその仕様に忠実に仕事をすればいいだけなので問題は大きくなりませんが、もし内容がはっきりせず、ゴールすら明確になっていない仕様でプロジェクトを開始してしまえば、どこかで必ず仕様変更の必要が出てしまうので、当初の計画通りのスケジュールに収まらなくなってしまう可能性があります。それでも無理して納期に間に合わせようと雑に仕事をしてしまえば、低品質のものをクライアントに納品することになる恐れもあります。

スケジュール管理が曖昧で不十分

プロジェクトの仕様を完璧な状態で作ることができれば苦労はないのですが、やってみないとわからない部分もあり、当初考えていたスケジュールではゴールにたどり着けないことが途中で明確になる場合があります。そこまではプロジェクトでよくある話ですが、管理ツールなどを活用して進捗状況をしっかりと把握することなく、何かあったら考えようという感覚でプロジェクトを進行させてしまうと、結局は失敗につながってしまいます。そのようなことを防ぐためには、管理者がしっかりとプロジェクト管理をして、メンバーとのコミュニケーションをしっかりととり、全体の状況をしっかりと把握するということがとても重要になります。

作業量の見積もりが未熟

プロジェクトを実行するのは人間なので、作業にかかる工数を正確に見積もるのは難しいことですが、プロジェクト管理者が全体にかかる作業量をなるべく正確に把握して、無理のないスケジュールの調整を行わないと、作業する側に多くの負荷がかかってしまい、全体のモチベーション低下を引き起こす可能性があります。そうならないようにするためには、普段から仕事の進捗状況を把握する習慣を持ち、小さなことでも報告や確認などを怠らずに、丁寧なプロジェクト管理を徹底することが必要です。

関連記事

  • 「Asana」が凄い!
    「Asana」が凄い!

    チームで仕事をしている人達におすすめのプロジェクト管理ツールの中でも一押しなのが「Asana」です、このツールの凄さはとにかく使ってみればすぐにわかりますが、カラフルな見た目の美しさも魅力のひとつです。プロジェクトチームのメンバーが15人までなら無料で利用することができますが、他のツールとの連携機能をうまく活用すると、もともと機能的な上にさらに利便性が高まるので、システム開発プロジェクトの管理に最適です。

  • 「Todoist」なら生産性管理も!
    「Todoist」なら生産性管理も!

    使いやすく機能的で、大切なデータを安全に保管しつつプロジェクトを管理するツールを探しているならば、Todoistというプロジェクト管理ツールがおすすめです。パソコンやモバイルからクラウド上でいつどこででも簡単にタスク管理ができるのはもちろん、日付や優先度の設定、通知機能やコメント機能、他のサービスとの連携など、使いこなそうと思えばどこまでも便利になれるのがTodoistの魅力で、ビジネスシーンに最適のツールです。

  • 管理ツールなら効率化できる
    管理ツールなら効率化できる

    もっとプロジェクトの効率をアップさせたいと考えているならば、プロジェクト管理ツールを導入してみましょう。ただツールを導入しただけでは効率化に直結しませんが、ガンチャートなどの便利な機能などを活用して、得られた情報から問題点などをあぶり出して解決方法を考えたり、作業の無駄を省いたりすれば、チームの動きがもっとスムーズになるでしょう。管理ツールの種類は数多くあるので、いくつか見比べてみていいものを使ってみることをおすすめします。