プロジェクト管理ツールで仕事の効率化を!

プロジェクト管理ツールを使いこなせ!

使えるプロジェクト管理ツールはコレ!

SPECIAL

  • 管理ツールなら効率化できる
  • Excelよりも管理ツールで
  • 失敗パターンから学ぶ

管理ツールなら効率化できる

管理ツールなら効率化できる
Pocket

プロジェクト管理ツールで仕事を効率化

プロジェクトの効率化に役立つのがプロジェクト管理ツールです。システム開発の現場では、プロジェクト管理の重要性そのものを理解してはいても、実際にどのように管理すべきか試行錯誤を繰り返しているところがあるかもしれませんが、独自のやり方を考えるよりも、プロジェクト管理用に開発されているツールを利用した方が早くて便利です。

仕事に対する意識も変わる

管理ツールには様々な種類があるので、何を使えばいいかで迷うかもしれませんが、全部のツールを調べていてもキリがないので、いくつかのツールをピックアップしてそれぞれの機能を比較してみると、現場のニーズに合ったツールが見つかるでしょう。プロジェクト管理において、何らかの問題が発生することを完全に防ぐことは難しいですが、プロジェクト管理ツールを活用することで防げる問題もたくさんあります。
特に、作業が細分化されて実行に移す場合、それぞれのタスクをToDoリストなどにして見える化しておかないと、やるべきことがいろいろな業務に埋もれてしまって、うっかり着手し忘れてしまうという事態が起きることがあります。しかし、管理ツールでそれぞれのタスクのスケジュールを共有し、毎日チェックすることを日課にすれば、やるべきことの優先順位が明確になり、メンバーひとりひとりが自分の仕事に責任を持ってこなしていけるようになります。

進捗管理をすればチームはもっと良くなる

プロジェクト管理ツールの機能として便利なもののひとつが「ガンチャート」です。細かいタスクがたくさんあっても、メンバーの進捗状況がガンチャートで管理されていると、詳細な数字を見比べながら頭の中でプロジェクトの進捗状況を整理する必要がなく、ガンチャートを一目見ただけで現状を確認できます。プロジェクト終了後には、当初の計画に対して実際の進捗はどうだったかを振り返ることができるので、負担が偏ってしまっている人がいたり、逆にまだ余裕がある人がいたりすれば、次のプロジェクトの計画を立てる際にバランス良く仕事を割り振ることができるようになります。
そうすると、作業工数の見積もりの精度をより一層高めながらも、メンバーにかかる負担を減らすことができるので、仕事のストレスを軽減してチームの雰囲気を良くする効果も期待できます。チームで協力しながらひとつのプロジェクトを実行するのは大変なことですが、管理ツールを活用してしっかりとプロジェクト管理ができていれば、チームとしての仕事がとてもやりやすくなるので、結果として良い成果へとつながっていくことでしょう。

関連記事

  • 「Asana」が凄い!
    「Asana」が凄い!

    チームで仕事をしている人達におすすめのプロジェクト管理ツールの中でも一押しなのが「Asana」です、このツールの凄さはとにかく使ってみればすぐにわかりますが、カラフルな見た目の美しさも魅力のひとつです。プロジェクトチームのメンバーが15人までなら無料で利用することができますが、他のツールとの連携機能をうまく活用すると、もともと機能的な上にさらに利便性が高まるので、システム開発プロジェクトの管理に最適です。

  • 「Todoist」なら生産性管理も!
    「Todoist」なら生産性管理も!

    使いやすく機能的で、大切なデータを安全に保管しつつプロジェクトを管理するツールを探しているならば、Todoistというプロジェクト管理ツールがおすすめです。パソコンやモバイルからクラウド上でいつどこででも簡単にタスク管理ができるのはもちろん、日付や優先度の設定、通知機能やコメント機能、他のサービスとの連携など、使いこなそうと思えばどこまでも便利になれるのがTodoistの魅力で、ビジネスシーンに最適のツールです。

  • 管理ツールなら効率化できる
    管理ツールなら効率化できる

    もっとプロジェクトの効率をアップさせたいと考えているならば、プロジェクト管理ツールを導入してみましょう。ただツールを導入しただけでは効率化に直結しませんが、ガンチャートなどの便利な機能などを活用して、得られた情報から問題点などをあぶり出して解決方法を考えたり、作業の無駄を省いたりすれば、チームの動きがもっとスムーズになるでしょう。管理ツールの種類は数多くあるので、いくつか見比べてみていいものを使ってみることをおすすめします。