プロジェクト管理の領域は広い!

プロジェクト管理ツールを使いこなせ!

使えるプロジェクト管理ツールはコレ!

SPECIAL

  • 管理ツールなら効率化できる
  • Excelよりも管理ツールで
  • 失敗パターンから学ぶ

管理領域は幅広い

管理領域は幅広い
Pocket

成功の秘訣はプロジェクト管理にある

システム開発プロジェクトを管理するためには、様々な領域に目を配らなければなりません。ひとつのプロジェクトの計画を立てるまでにもいくつものプロセスを超えなければなりませんが、計画を実行する段階になるとやるべきことがさらに細分化され、関わるメンバーも増えていくので、プロジェクト管理の重要性はより一層高くなります。そこでとても便利なのがプロジェクト管理ツールです。当サイトではいくつかの便利なプロジェクト管理ツールをご紹介しているので、プロジェクトの性質やメンバー構成などによって最適のツールを見つけたら、早速プロジェクト管理に活用してみてはいかがでしょうか。

プロジェクト管理はまずコミュニケーションから

開発プロジェクトを計画通りに実行していくためには、プロジェクトメンバー間のコミュニケーションがとても重要なポイントになります。プロジェクト実行中にはいろいろな問題が発生しますが、その原因の多くはコミュニケーション不足です。この部分を解消できるだけでも仕事の能率は格段にアップし、よりよい結果にチームを導くことができます。プロジェクト管理領域はとても幅広いですが、軸となるコミュニケーションへの意識をまず高く持つことが必要です。

幅広いプロジェクトの管理領域

プロジェクトが開始されてからは、メンバーが個々に自分の作業に入ることになるので、進捗状況がそれぞれ異なります。最終的な納期に向かって作業を順調に進めていくためには、タスクレベルの納期を守っていくことも大切なので、管理者が進捗状況を把握することが必要になります。プログラミングの工程では、様々な障害が発生しては修正するなどの対応が必要になりますが、変更履歴を保存するなどの構成管理を行っていると、後で問題が発生して過去の履歴が必要になった時にすぐに対処することができます。また、プロジェクトが進行してくると、仕様変更の必要が出てくるので、何をどのように変更するかについての情報をまとめて管理することも必要です。

リスク管理や品質管理を徹底する

入念な計画に基づいて構成されたプロジェクトでもリスク要因は必ずあります。考えられるリスクは全て見える化し、どのように対応するかについての指針をはっきりとさせておくことで、問題が起こった時の被害を最小限に抑えることができます。開発するシステムの品質管理には、テストとレビューを繰り返す必要がありますが、そのためには、あらかじめ基準を設定し、テストからレビューまでの計画をしっかりと立てておくことが重要です。
そして、全体の業務を滞りなく遂行するためには環境整備が欠かせませんが、何を必要とするかは個々のメンバーによって違います。スムーズに業務を進められるようにするためにも、利用可能な環境や設備についてのリストと利用するためのガイドラインをはっきりさせておく必要があります。

関連記事

  • 「Asana」が凄い!
    「Asana」が凄い!

    チームで仕事をしている人達におすすめのプロジェクト管理ツールの中でも一押しなのが「Asana」です、このツールの凄さはとにかく使ってみればすぐにわかりますが、カラフルな見た目の美しさも魅力のひとつです。プロジェクトチームのメンバーが15人までなら無料で利用することができますが、他のツールとの連携機能をうまく活用すると、もともと機能的な上にさらに利便性が高まるので、システム開発プロジェクトの管理に最適です。

  • 「Todoist」なら生産性管理も!
    「Todoist」なら生産性管理も!

    使いやすく機能的で、大切なデータを安全に保管しつつプロジェクトを管理するツールを探しているならば、Todoistというプロジェクト管理ツールがおすすめです。パソコンやモバイルからクラウド上でいつどこででも簡単にタスク管理ができるのはもちろん、日付や優先度の設定、通知機能やコメント機能、他のサービスとの連携など、使いこなそうと思えばどこまでも便利になれるのがTodoistの魅力で、ビジネスシーンに最適のツールです。

  • 管理ツールなら効率化できる
    管理ツールなら効率化できる

    もっとプロジェクトの効率をアップさせたいと考えているならば、プロジェクト管理ツールを導入してみましょう。ただツールを導入しただけでは効率化に直結しませんが、ガンチャートなどの便利な機能などを活用して、得られた情報から問題点などをあぶり出して解決方法を考えたり、作業の無駄を省いたりすれば、チームの動きがもっとスムーズになるでしょう。管理ツールの種類は数多くあるので、いくつか見比べてみていいものを使ってみることをおすすめします。