一押しのプロジェクト管理ツール「Jooto」が便利!

プロジェクト管理ツールを使いこなせ!

使えるプロジェクト管理ツールはコレ!

SPECIAL

  • 管理ツールなら効率化できる
  • Excelよりも管理ツールで
  • 失敗パターンから学ぶ

「Jooto」が便利!

「Jooto」が便利!
Pocket

管理ツールでプロジェクトをスムーズに

やるべきことがどんどん増えて、タスクの優先順位が自分でもわからなくなってしまうと、仕事の効率が悪くなってしまいますが、きちんとタスク管理ができていれば無駄を省くことができます。プロジェクトに参加している個々のメンバーが自分なりにタスク管理をしていると、他の人のタスクや進ちょく状況を知ることができませんが、チームのプロジェクトを丸ごとカバーできる管理ツールがあると全体の仕事がはかどりますし、問題が起きてもすぐに対処できるので、重大な問題に発展することを防ぐことができます。ここでご紹介する「Jooto」はいろいろな種類がある中でも一押しのプロジェクト管理ツールです。

Jootoとは

「Jooto」は、3名のユーザーまでは無料で利用することができるプロジェクト管理ツールです。管理ツールには機能性が求められるのはもちろんですが、シンプルで見やすいレイアウトも重要なポイントになります。Jootoはそんなニーズをしっかりと捉えていて、ホワイトボードにタスクメモを貼り付けるような感覚でプロジェクト管理をすることができるので、とても馴染みやすいのが魅力です。それぞれのタスクはカードとして管理され、ドラッグ&ドロップで簡単に並べ替えることができます。クラウド型のツールなので、スマートフォンやタブレットからももちろん利用可能で連携機能を使えば便利度はさらにアップします。

Jootoの使い方はとても簡単

新規のプロジェックトボードを作成したら、参加するメンバーを追加します。ボード上には、「業務連絡」「ToDoリスト」「進行中」「完了」など様々な項目のリストを作成することができます。新たにやるべきことができたら、ToDoリストにタスクを入力して1枚のカードを作成します。カードには、タスクのカテゴリー、優先度、担当者の割り当て、締め切りを設定することが可能で、カードを見れば、それのタスクは誰がいつまでにやるべきもので優先度はどのくらいかを一目で確認することができます。
担当者に割り当てられた人は、そのタスクに着手しはじめたら「ToDoリスト」から「進行中」へとカードをドラッグ&ドロップで移動させます。そして、タスクが完了したら「完了」へとカードを移動します。タスクのカテゴリーは、社外連絡や確認中、保留中などいくつかありますが、全て色分けされてカードの上部に表示されるのでとてもわかりやすくなっています。もし終了したタスクがもう一度差し戻されることになれば、終了の欄から進行中へすぐ戻すことができるので、Jootoさえきちんとチェックしていれば、タスクのやり残しを防止することができます。活用のポイントとしては、まず新たなタスクができたらすぐにJootoにカードを作ってしまうことです。そうすれば、チーム全体で誰が何をすべきかを共有できるので、お互いにフォローしやすくなります。

Jooto

プロジェクト管理ツールならこのサイト

「Jooto」の便利さが理解できたらさっそく使ってみましょう。

関連記事

  • 「Asana」が凄い!
    「Asana」が凄い!

    チームで仕事をしている人達におすすめのプロジェクト管理ツールの中でも一押しなのが「Asana」です、このツールの凄さはとにかく使ってみればすぐにわかりますが、カラフルな見た目の美しさも魅力のひとつです。プロジェクトチームのメンバーが15人までなら無料で利用することができますが、他のツールとの連携機能をうまく活用すると、もともと機能的な上にさらに利便性が高まるので、システム開発プロジェクトの管理に最適です。

  • 「Todoist」なら生産性管理も!
    「Todoist」なら生産性管理も!

    使いやすく機能的で、大切なデータを安全に保管しつつプロジェクトを管理するツールを探しているならば、Todoistというプロジェクト管理ツールがおすすめです。パソコンやモバイルからクラウド上でいつどこででも簡単にタスク管理ができるのはもちろん、日付や優先度の設定、通知機能やコメント機能、他のサービスとの連携など、使いこなそうと思えばどこまでも便利になれるのがTodoistの魅力で、ビジネスシーンに最適のツールです。

  • 管理ツールなら効率化できる
    管理ツールなら効率化できる

    もっとプロジェクトの効率をアップさせたいと考えているならば、プロジェクト管理ツールを導入してみましょう。ただツールを導入しただけでは効率化に直結しませんが、ガンチャートなどの便利な機能などを活用して、得られた情報から問題点などをあぶり出して解決方法を考えたり、作業の無駄を省いたりすれば、チームの動きがもっとスムーズになるでしょう。管理ツールの種類は数多くあるので、いくつか見比べてみていいものを使ってみることをおすすめします。