一押しのプロジェクト管理ツール「Todoist」

プロジェクト管理ツールを使いこなせ!

使えるプロジェクト管理ツールはコレ!

SPECIAL

  • 管理ツールなら効率化できる
  • Excelよりも管理ツールで
  • 失敗パターンから学ぶ

「Todoist」なら生産性管理も!

「Todoist」なら生産性管理も!
Pocket

管理ツールをあきらめる前に

プロジェクト管理ツールを使ってみたものの、今ひとつ使いこなすことができず、仕事の効率化にはそれほど役立たなかったということであれば、アナログなタスク管理に戻ってしまう前にまず「Todoist」を試してみることをおすすめします。Todoistは、多機能でありながら使いやすく、ビジネスの様々なシーンでも活用されている一押しの管理ツールです。

Todoistとは

Todoistは、プロジェクトチームのタスク管理を簡単に行うことができるツールです。チームとしてプロジェクトが発足されたなら、新規プロジェクトを作成し、メンバーとタスクをTodoistに追加していきます。着実にタスクをこなしていくためには、タスクをなるべく細かくすることが効果的ですが、Todoistならタスクの繰り返しを設定することができるので、ひとつのことを達成するために毎日こなすべきノルマとしてのタスクを設定することもできます。タスクの割り当てもTodoist上で簡単に行うことができるので、誰が何をすべきかについての最新の情報を全てのメンバーがいつでも知ることができます。
また、TodoistはIFTTTと連携することによって、Gmail、Google Drive、Dropboxなどのビジネスでよく使用するサービスとも連携することができるようになるので、ファイルの共有や進捗確認が簡単になります。メンバー同士の情報共有もスムーズになり、必要以上にミーティングに時間をかけることなく仕事を進めて行くことが可能になるので、チーム全体の仕事を効率化できるでしょう。また、チーム全員がTodoistでタスク管理をすることによって、メンバー同士のフォローなどもしやすくなります。

タスク管理だけではもったいない機能が満載

様々な機能を使ってタスク管理ができるだけでもプロジェクト管理には十分ですが、Todoistではそれに加えて表やグラフで生産性を表示させる機能がついています。そのため、単なるプロジェクト管理だけでなく、データとしてプロジェクトを分析することによって改善点を模索することもできるので、Todoistを使ってプロジェクトをこなせばこなすほど、チームをさらにブラッシュアップさせていくことができます。
管理ツールに慣れていなければ、最初はタスク管理をしっかりと行うことを習慣化するところから始めるのがおすすめですが、Todoistを理解するにつれて他の機能もどんどん使いこなせるようになってくるでしょう。Todoist上で扱うデータは、安全に保管できるようセキュリティ対策も万全ですし、自動バックアップでいつでもデータは復元可能なので、ビジネスに安心して導入することができるツールです。

Todoist

プロジェクト管理ツールならこのサイト

「Todoist」はタスク管理だけでなく生産管理もできてしまう優れものです。

関連記事

  • 「Asana」が凄い!
    「Asana」が凄い!

    チームで仕事をしている人達におすすめのプロジェクト管理ツールの中でも一押しなのが「Asana」です、このツールの凄さはとにかく使ってみればすぐにわかりますが、カラフルな見た目の美しさも魅力のひとつです。プロジェクトチームのメンバーが15人までなら無料で利用することができますが、他のツールとの連携機能をうまく活用すると、もともと機能的な上にさらに利便性が高まるので、システム開発プロジェクトの管理に最適です。

  • 「Todoist」なら生産性管理も!
    「Todoist」なら生産性管理も!

    使いやすく機能的で、大切なデータを安全に保管しつつプロジェクトを管理するツールを探しているならば、Todoistというプロジェクト管理ツールがおすすめです。パソコンやモバイルからクラウド上でいつどこででも簡単にタスク管理ができるのはもちろん、日付や優先度の設定、通知機能やコメント機能、他のサービスとの連携など、使いこなそうと思えばどこまでも便利になれるのがTodoistの魅力で、ビジネスシーンに最適のツールです。

  • 管理ツールなら効率化できる
    管理ツールなら効率化できる

    もっとプロジェクトの効率をアップさせたいと考えているならば、プロジェクト管理ツールを導入してみましょう。ただツールを導入しただけでは効率化に直結しませんが、ガンチャートなどの便利な機能などを活用して、得られた情報から問題点などをあぶり出して解決方法を考えたり、作業の無駄を省いたりすれば、チームの動きがもっとスムーズになるでしょう。管理ツールの種類は数多くあるので、いくつか見比べてみていいものを使ってみることをおすすめします。